富と権力の象徴「番屋」
♪ゴメが泣くからニシンが来ると〜♪ 北原ミレイのこの歌を知っていますか?(そんな古い歌は知らないって?)。北海道のニシン漁を歌った曲です。明治から大正にかけて、北海道の日本海沿いでは、ニシン漁が全盛を極めていました。ニシンが群れをなしてやって来ると、海の色が乳色に染まり、空にはカモメ(ゴメ)が群れ飛んでいたといいます。明治30年の全盛期には、年間の漁獲高は100万トン近くもあり、漁場の経営者には巨万の富が入ったのです。この豊富な資金で建てられたのが、「番屋」です。番屋とは、ニシン漁の親方と漁夫が寝泊まりする漁の拠点となる建物。北海道日本海側には、富と権力を競い合うように、ニシン御殿と呼ばれる豪壮な番屋が建ち並んでいました。

北海道で最大。最北の重要文化財
 「旧花田家番屋」は、こうした番屋の一つで、現存する番屋としては北海道で最大の規模。建てられたのは明治37、38年ごろだそう。親方の居住する母屋と、「若い衆」と呼ばれた出稼ぎの雇い人のスペースがあって、まず、その広さにびっくり。黒光りのする板の間の上部には、50cm幅ほどの寝台(ねだい)があり、最盛期には、200人以上の若い衆がここでに泊まりしていたそう。板の間の広さは、何十畳といったらよいのかわからないほど。いくつも炉が切られていて、大きなかまどのある台所も。そして、贅を尽くした母屋には、大きな金庫がデンと鎮座しています。ここには数え切れないほどの札束が入っていたことでしょう。そして、雇い人と親方の生活は、天と地ほども違ったんだろうな〜。やっぱり当時も格差社会だったのね。この番屋は国の重要文化財に指定されています。最北の重要文化財だそう。

ぱったりと捕れなくなったニシン
 ニシン漁の貴重なビデオを見ると、番屋の前浜の一面をニシンが埋め尽くしています。なんと、余りに捕れ過ぎたため、生で食べたのは2割ほどで、あとの8割は、つぶして肥料として本州に送ったそう!そして、ニシンを日本中に運んだのが、北前船。日本海を舞台に、北海道や東北の産物を大阪、京都に運んだ交易船です。これで京都にニシンが運ばれ、京都名物のニシンそばができたんです。ニシンの入った昆布巻きも北前船のおかげです。 これほど捕れたニシンは、昭和30年を境にぱったりと捕れなくなってしまいました。海の環境が大きく変わり、ニシンのエサになるプランクトンが減ったのでしょうか。番屋の隣にある「道の駅」でニシンそばを食べながら、前浜を埋め尽くしたニシンの群来をイメージするばかりです。(by きょん)

****************************
●旧花田家番屋
北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富35番地の2
・0164-56-9500(小平町文化交流センター)
・0164-57-1411(道の駅 おびら鰊番屋)

公開時間  午前9時30分〜午後5時(5月〜10月)
        午前10時〜午後4時(11月〜4月)
休館日  毎週月曜日及び12月28日〜1月15日
 (6月第3月曜日〜8月第2月曜日の間は無休)

観覧料金
 大人 (高校生以上)   350円
 小人 (小・中学生)   100円
 20人以上の団体     250円
 交通機関   バス・・・・・・沿岸バス・花田番屋停留所下車

***********************


この広い板の間の上部の寝台に、200人以上の若い衆が寝泊まりしていました。

 


母屋に置かれている分厚い金庫。きっと札束がぎっしりと・・・

 


かつては乳色に海を染め上げたニシンの群来も、今は昔。

 


番屋の隣の道の駅で食べたニシンそば。おいしい〜